2017年03月07日

忘れた頃にホワイトデーのお返し

息子二人にバレンタインのお菓子を作ってあげたので、そのお返しが今頃やってきました。
ホワイトデーがいつだか知らないからなのか、はたまたお小遣い事情によるものか。
べつにお返しは期待していなかったので、嬉しいよりも驚きが大きかったです。
「くれるの!?」と「今頃!?」の両方ですね。
お返しの品は、ワインでした。
最近は子供だけではお酒の購入が出来ないので、おじいちゃんにでもおねだりして買ってもらったのかもしれません。
でも、気持ちが肝心!
もったいないので暫く飾っておいたのですが、飲んでみることにしました。
よく見るとチリワインと書いてあります。
味は超辛口で、何も考えずに調理したトンカツにもピッタリです。
「匂いを嗅がせて!」というので、嗅がせてあげました。
「ううっっ」だそうです。
一緒にワイングラスを傾ける日は、まだまだ先のようですね。
  


Posted by ukyo-san at 22:15Comments(0)ライフスタイル

2017年02月27日

絵画に興味を持ったのはアニメがきっかけだったんです

私が絵画に興味を持ったのは子供の頃に見たアニメがきっかけだったんです。そのアニメにはいくつかの絵画が登場するのですがその作品のほとんどはルーベンスの作品だったんです。もちろん子供の頃はルーベンスのことは知らなかったので、単純に釘づけになったことをよく覚えています。
このアニメの最終回の時に登場するのがルーベンスのキリスト降下で有名なのですが、私はこの絵ではなくて聖母被昇天の絵に釘づけになったんです。このことがきっかけで興味を持ったのですが、残念ながら私には描く才能はまったくなかったので、美術館に行って観るだけですがそれでも絵を見ていると癒されますし楽しいです。

好きな画家の展覧会があると時間を作って観に行っています。ルーベンスやミレーがとくに好きなのですが、レプリカは高くて買えないのでジグソーパズルで作って部屋に飾っています。評論家の人が言うようなことは私には解りませんが自分で観て感動するのか好きなのかという視点で観ています。私は専門家ではなくて趣味として観ているだけなのでこれで十分なんです。これからも色んな絵を観たいと思っていますし、最近ではデジタルアートも素敵だと感じています。
私には描く才能はないけれど観て楽しむことはいくらでもできるので旅行先で美術館を見つけると入ってしまいますし行きたい美術館があるから旅行に行くこともあります。これからもたくさんの絵画を観て癒されてリフレッシュしたいです。絵画は私にとって心の栄養素のようなものなんです。

近頃ではレンタル絵画なども利用できるところが増えたようですね。
  


Posted by ukyo-san at 22:10Comments(0)ライフスタイル

2017年02月19日

人の振り見て我が振り直せと感じたこと

最近、芸能人のある方の貯金額が2000万円と言う記事を見ました。200万円ほどカジノですってしまったのですが、貯金額が200万円あるからまだ良いと言う感じの記事でした。30代くらいの方だと思います。

これを見て私は驚きました。ちょっと前までゴールデンの番組にレギュラーで出演されていた方ですし、名前もそこそこ売れている方です。年収もそれなりにある方だと思うのですが2000万円しか貯金がないのだなと感じました。そこで芸能人の貯金額を調べてみました。すると30代くらいの方だと何百万円くらいの人が多く、中には30万円や数万円の方もいると知り驚きました。

テレビで以前発言されていた内容らしいのでどの程度まで本当なのか、また実際今はどれくらいの金額なのかは定かではありません。しかし芸能人の方が意外と貯金額が少ないかもしれないと言うことに驚きを隠せませんでした。収入が多くても税金がかかるから手取りは減ると言うことがあるかもしれません。また芸能人なのである程度高い車に乗ったり高いところで食事したり出費が多いこともあるかもしれません。また後輩の芸能人におごると言う話もよく聞きます。収入が多くても出費も多いのかもしれません。

かく言う私も貯金はありません。良く言えば芸能人のような生活ですが、悪く言えば収入の分出費しているという不健全な財務状況と言えるでしょう。私は思いました。芸能人に貯金が少ないと言っている場合ではないなと。そしてまた思いました。数万円から30万円くらいの貯金額の芸能人がいるのなら、私も芸能人並の貯金額に到達できるのではないかと。

大金を稼いでいる有名な大御所の芸能人の生活に近づくことはまず無理です。しかし若手の芸能人の貯金額に近づくことは思ったよりも簡単そうです。芸能人なんて遠い人のように感じましたが少し親近感を感じました。そして小さな目標でも良いので努力しなければと感じました。

そう思ってから、最近は少しづつ節約するようになりました。スーパーでビニール袋を貰わなかったり、安くても不要なものは買わなかったり、買い物に行く回数自体を減らしたり、洗濯物をまとめて洗うようにしたりしています。細かいことですが以前だったら何も考えずに買い物をしたりお金を使ったりしていたのでやってみると出費に違いが出ることに気づきました。もっと早くに気づいていればと思いましたが気づかないでこのまま過ごしていた可能性もあるので気づいただけ良かったのかもしれません。折角なので出来る限り続けてみたいと思います。
  


Posted by ukyo-san at 08:10Comments(0)ライフスタイル

2017年02月11日

身内でリフォーム、塗装の結果

数年前にアパートから引越して、夫と2人で中古物件を購入、水周りだけを購入時にリフォームして、内装や庭は2人でちょっとづつリフォームしながら暮らしてます。
築40年、日当たり良好、床下も天井裏も不都合なし‥ですが、前持ち主に中学生以下のお子様が4人いて内装は落書きetc.でボロボロで自分達でフローリングと壁紙を張り替え、いよいよ外回りのリフォームへ。
前から気になっていた遮熱塗料。噂や自分達で調べてみても謳い文句ほど効果はないみたい‥けど、どちらにしてもそろそろ塗り替えないと壁自体が痛むし。

迷いに迷って屋根も外壁も遮熱塗料にしてみました
日本家屋なんですが、屋根は瓦と一部は金属板(増築部分)と一階部分の外壁(二階の外壁は購入時の条件で元々の合板を張り替え済み)を旦那の兄弟と私の兄と計5人で刷毛とローラーで人海戦術(笑)
素人塗りでムラになってしまい途中で足りなくなってツナギのまんま旦那がホームセンターに買いに走ったりと大騒ぎでした。
屋根と外壁の細かい所は刷毛で、それ以外はローラーで塗りましたが、ちょっとムラ?でもパッと見は判らないし、また剥げてきたら自分達で塗れば良いや、って所で無事完了。

塗ったのが春先でその時は意識しなかったんですが、夏になって熱気の籠り方が違う‥‥!
特に増築部分の洋間の温度は昼間でも3度以上下がりました。この増築部分、家の裏側で隣家の壁に近くて窓はあっても陽当たりが悪く昼間でも電気が必要なほど暗いんですが、上に部屋はなく屋根が鉄板?金属板で、隣家も同じような作りをしていて二階がなく、そのおかげで我が家の屋根だけは陽が燦々と当たってました。きっと、屋根の上からの熱でその部屋は暑くなってたんですね。

明らかに効果があったのはその部屋ですが、他の部屋も微妙に涼しい‥というより、夏にはエアコンと扇風機を併用した時にエアコンの効くのが早いです。塗る前年と塗った後、電気代下がってました(←気になって振り落しの口座通帳の6月から10月チェックしました)電気代下がったのは良いですが、お手伝いに来てもらった兄弟も「ウチも塗り替える!」とあちこち一度にヘルプが来るのは厳しいです(涙)
  


Posted by ukyo-san at 08:05Comments(0)住まい・住宅

2016年12月14日

素敵度をいっそう意識させてのQOL向上!

元々と言いますか、気づいたら生きている充実感をより濃密濃厚にしたい本能のような習性が染みついていて、最近になってさらに生活の中の素敵度をアップさせたい気持ちを更新させています。

そうすることで何気なくやり過ごしてしまうより、結果的にQOLの向上に繋がると思っています。毎日のごはんの盛りつけ方にしても、インテリアコーデをするにも、どうしたらより素敵に見えるか、よりいっそう素敵さが映える演出の仕方はないかと、そのときの素敵度を上げることへの意識はいつも敏感にしておきたいものです。

結婚してからは、日々の仕事も大きな割合で含まれつつ家事雑事やプライベートタイム、自分時間である趣味の充実といったライフワークバランスが展開していく生活となるだけに、夫のお嫁さんとして、また一人の女性として、私自身買い物関係のことをメインに生活には合理性を強く求めるようになってきています。ただ、だからといって合理的に何でも済ませることができればそれでいいというわけではなく、利便性を求めつつ自分なりの素敵を取り入れて日々の生活を潤しながら営んでいくということを忘れたくはありません。

その意識はたとえば、季節感の演出を意識しての部屋のインテリアコーディネートにも表れていると自覚しています。何ら難しいことをするわけではなく、季節ごとのお写真をお気に入りのフォトフレームに入れて壁にポッ?と映えるように飾るだけでも潤いに繋がります。

お部屋のキレイは潤いこそあれ害にはならないので、「ついでにちょこっとお掃除」の実践も意識的にできるようになり、今このときについでにここもサッと拭き掃除するだけでもおうちのキレイに繋がる★と思うやいなや、そういう「今だっ笑!」のチャンスやタイミングを狙うまなざしも養
い続けています。完ペキ主義や神経質になるのとは違うということを踏まえた上で、できるかできないかではなく、やるかやらないかだなと思うと、そう難しいことはありません。
日々のそんなどうということのない、されど大切な一つ一つの積み重ねで生活は織り成されてきましたし、これからもそうです。そうすると心のためにも快適に充実して過ごせるためにもやっぱり素敵な方がいいので、これからもQOLの向上に努めていく意識をなるべく働かせていきたいですね。

とりわけ課題にしているのは、やはり毎日の食事の盛りつけ方です。手早く合理性だけを優先させて雑でどうでもいいような意識で盛りつけると、やはり素敵とは言い難い盛りつけ方になってしまうので、急いでいるときは急いでいるときなりの工夫を取り入れてそこに「素敵?」つまりハートを付け加えていきたいと思っています。女性として宿命的な食事の支度だからこそ、同じやるなら素敵にやった方が食べてくれる夫にとっても味も変わってくるように思います。
たかがちょっと、されどちょっと。そんなことが日々の営みの中で基本になり、自分にとっての当たり前レベルも上がっていけばきっと自ずとおかしなものやいい加減なものは生まれてこないはずですし、充実感もより濃密になることを確信して、これからもまず意識の更新や見つめ直しから取り組み続けたい今日この頃です♪
  


Posted by ukyo-san at 16:08Comments(0)ライフスタイル

2016年12月06日

大阪市で新築住宅を購入する事になった我が家

主人は仕事の都合上、転勤をする事が多く、結婚し子供が小学校に入るまではと、一緒に私も主人の転勤に付き合い、全国各地を転々とした生活を送っていました。
そんな生活が10年ほど続き、上の子が幼稚園の年長になった時、私の実家のある大阪に配属される事に。そこで夫婦で話し合った結果、実家が近い方が安心だろうと言う事で、大阪で新築住宅を購入する事に決めたのでした。
しかし、家ともなるとそう簡単に決める事は出来ません。その為、一旦はマンションを借り、時間をかけて探す事にしたのでした。
私は、特に実家に近いなどといった事は気にしていなかった為、交通の便が良いところや子育ての環境に適しているところなどを条件にいくつかの物件を見て回る事にしました。

大阪で新築住宅というと、建売住宅が多かったのですが、一生に一度の買い物だと思うとできれば、自由設計の方が良いと思い、土地探しから始め、家は、自由設計で建てる事にしたのでした。

その為、時間もとてもかかりましたが、そのお蔭で、生まれ育った大阪市で新築住宅を購入する事ができたのでした。
これで、子供たちものびのび育てて行く事ができると思うと嬉しい気持ちになった事を覚えています。しかし、それと同時にこれからは、主人は単身赴任生活が始まるのかと思うと寂しい気持ちと不安に思う気持ちになり、複雑な気持ちでした。
これからは、この家を大切に守っていきたいと改めて思い、出来るだけ、関西方面への転勤ばかりを願う私でした。  


Posted by ukyo-san at 16:05Comments(0)住まい・住宅

2016年11月29日

アサーショントレーニングを学んできました。

合失調感情障害と診断されて約8ヶ月、退院から約2ヶ月。今日のデイケアは「アサーショントレーニング」でした。
「アサーション」とは、自己確認と言語化、相手の表現を聴いたり理解への努力をすることで、さわやかで親密な人間関係を目指す活動のことで、我々統合失調症患者にはとても有用なものです。患者でなくとも有用ですが。
アサーショントレーニングには大きく分けて三つあり、ノン・アサーティブ(非主張的)とアグレッシブ(攻撃的)、そしてアサーティブがあります。
順番に言うと、ノン・アサーティブは自分の主張をあまりしない場合。アグレッシブが自己主張を強く相手を押さえつけるようなもの、そしてアサーティブが両者の主張・表現を大切にしたものとなっていて、このアサーティブが理想です。

文句を言いたいときに黙っている、逆に言い過ぎてしまうこともある中で、アサーションはそのどちらでもなく互いの主張を聴くやり方を今回は学んできました。
たとえばステーキのミディアムを頼んだのにウェルダンが出てきた時、普通は黙って食べるか一般に言うクレームを入れるところですが、アサーションでは「これ、ウェルダンですよね。注文したのはミディアムなので取り替えてくれませんか」など。
まず両者の確認を取ってからの、自分の要望を伝えるという方法ですね。私もこれからこのように話してみたいと思います。……こんな状況にならなければ、それはそれでいいのですが。

その他、友人に30分待たされた時には連絡を入れるのはそうですが、それと同時に心配したなど、相手を思いやる心を持っていたいところです。また、言葉がアサーションでも、声、口調、態度によってノン・アサーティブやアグレッシブにもなるので、そこも気をつけたいところです。
普段は弟といるのですが、最近こういった関わりを欠いているので、家でもそういったアサーションをしていきたいです……。
アサーションして欲しいのも山々なんですけどね。
  


Posted by ukyo-san at 17:20Comments(0)美容・健康

2016年11月21日

初めてインパクトドライバーを使った日。

数年前のことでした。二階への階段の手すりが外れてしまいました。二男がいつも手すりをつかんで走るかのように二階から降りていました。やんちゃで不用心な二男らしい降り方でした。何となく不安だったのですがある日手すりは音たてて外れたのです。

私はすぐに修理をしようとして、手すりが板壁に取り付けてあった場所を観察しました。大きな木ねじが何か所も外れていました。壁を叩いてみると、かなり固いだろうと思われる材に止められていたと思われました。私の持っているプラスドライバーではとても太刀打ちできないだろうと判断しました。すぐにパソコンの電源を入れ、電動ドライバーを検索すると、コードのないタイプは非常に高価でした。

長い時間検索し安価なコード付きのもので、評価の高いドライバーを見つけ注文しました。同時に手すりの新しいものも注文しました。ほとんど同じ時期に商品が届きました。さっそく取り付けにかかりました。一人で取り付けるのは難しかったのですが工夫しました。

いよいよ大きな木ねじをドライバーで取り付ける段階になりました。私は驚きました。手にドライバーを持ってねじ式の大きなビスを留める作業は大変な作業ですが、あっという間に済ませることができたのです。コードが短かったのがちょっと不便でしたが、頑丈で少しも手すりは揺れず、文句なしの仕上がりでした。

高価な電動ドライバーではなかったので不安もありましたが、この作業のあとも、コンクリートビスの取り付けをはじめ、大いに活躍してくれたのです。さて、その一年ほど後だったでしょうか。ある日知人から戸外の看板の取り付けを頼まれました。周りに電源などありませんでした。

もう充電バッテリー式のインパクトドライバーを買うしかないと思いました。近くのDIYショップなどを回ってみたのですが、以前買ったコード式のものの数倍はしました。しかし、それらを見ながら思いました。これはずっと使えると。わざわざ苦労して電源から長いコードを引くこともなく、便利だと思いました。思い切って購入し、看板の取り付けに臨みました。驚くほどてきぱきと作業が進むのです。コードを気にすることもなくあっという間に仕上がりました。早く買っておけばよかったと思ったほどです。まだ夕方以降に使ったことはありませんが、ライトも装備してあり私はとても満足したのです。生活の中で補修や修理は結構多いものです。素人ですがインパクトドライバーの便利さ、取扱いの良さを実感できました。
近年の電動工具は進化していると思いました。  


Posted by ukyo-san at 17:15Comments(0)ライフスタイル

2016年11月13日

試験監督のバイトはとても楽しく充実した一日を過ごせました

毎週、色々な試験が実施されます。今回は応用情報技術者試験の主任監督員を経験させていただきました。
試験監督のバイトは、東京では学生や若い方が多い様ですが、私の住んでいる土地では(関東・県庁所在地)年齢層が高く、60代の方もいらっしゃりました。

前日に、3時間ほど試験監督の研修がありました。マニュアルがあるのですが、かなりボリュームがあり、注意事項の確認のコピーを含めると、50ページぐらいあります。
試験当日はマニュアルを確認している時間がほとんど無いので、隅々まで一度目を通しておかないと、イレギュラーな対応などが入ることがあるので大変です。
当日は、たんたんと素早く対応しないと時間が足りなくなります。
試験ごとに注意事項が違うので私は2回、目を通しておきました。主任監督員は初めてなので手を抜かずに準備しました。

読み上げは録音して、声を確認しておいた方が良いと感じました。私は初めて自分のアナウンスを聞いた時、かなり早口でびっくりしました。息継ぎや正確さなどに気を付けながら、5~6回読みあげの練習をしておきました。
この作業はとても楽しいです。気持ち高めに、弾むような声を出すように練習してみました。

正確な秒針のついた時計は必ず必要で、何度も時報で正確な秒針まで確認しました。
マニュアルでは落ち着いた色のスーツ着用とありますが、ほぼ全員黒のリクルートスーツを着ていました。スカートの方は少なく、パンツの方が多かったです。

この試験は男性の方が多く、私の担当した教室では女性は一人もいませんでした。
試験当日はかなり緊張してしまって、心の中で「準備したから、きっと絶対大丈夫!」と気合を入れて臨みました。
受験生の皆様は試験のことに集中していて、おかしな態度をしている方は見当たらず、特に問題も起こらず業務を終了することが出来ました。

きちんとマニュアルを読んでいたので、落ち着いて対応できました。単発の仕事ですが、時給も良くかなり魅力的な仕事でした。
夜お風呂に入る時、足がパンパンでしたが、今日一日の充実感に包まれました。
  


Posted by ukyo-san at 17:35Comments(0)仕事

2016年11月05日

完全に自分が悪い事故で、保険が7対3に

運転免許は30歳を過ぎてから取得し、運転は得意とはいえない私です。それでも10年間、無事故でこられました。
ところが、ある年、夏の暑いころ、体を使うアルバイトをしていたとき、疲れていたのだと思います。不注意にもコンビニの駐車場で後ろも確認せずにバックして、侵入してきた車と衝突するというバカげた事故を起こしてしまいました。

その場で謝罪し、自分の免許証を先方の方の携帯で写真に撮ってもらい、連絡先を交換して、あとは保険会社に任せることにしました。後ほど私が入っている保険会社から電話があり、事故の状況を説明しました。その時、保険の比率を聞かれたので、気持ちの上では全面的に私が悪いので10対0でしたが、試しに7対3と言ってみました。これが通るとは思いませんでしたが、交渉次第で9対1くらいになるかもしれないと思ったのです。
ところが、驚いたことに、結果は7対3となったのです。こちらの保険会社が優秀だったのか、向こうの保険会社がいいかげんだったのか、分かりませんが、言ってみるものだと思いました。

その年の夏は、暑さと疲れでぼんやりしていたのか、もう一つ事故を起こしました。自宅近くの駐車場に車庫入れするときに、路上駐車中の車にこすってしまったのです。その車は、夏休みで帰省して、ご実家の前に車を停めていた息子さんの車でした。

警察の方から事情を聞かれた後、「ご近所同士なので、トラブルにならないようにしてくださいね」と言われました。狭い道路に路上駐車していた向こうも悪いとは思ったのですが、その一言で交渉する気持ちがなくなり、全面的に謝罪して、10対0でいいと保険会社の方に伝えました。
おかげで、その家の方とは、今でも気兼ねなくお付き合いできます。

保険の賠償は、その時その時の状況に左右されるものだなと感じました。
逆に考えれば、自分が悪くても強気の保険比率を提示してくる相手もいるということです。保険会社の方の交渉力がどこまで頼れるのかも分からないと思いました。

ご近所など、特別な配慮が必要な相手でなければ、たとえ自分に非があると思っていても、必ず自分に有利な保険比率を提示してみることをお勧めします。
その時やっていたキツいアルバイトは、結局辞めることにしまいした。ひと夏に二度も交通事故を起こすようでは、命の危険がある仕事になってしまいます。その後、保険料が割安な保険会社に見積もりを取ってもらおうとしましたが、最近2度事故を起こしたことを話すとびっくりされて、お見積りできませんと断られてしまいました。

車の保険については無知でしたが、事故を起こしていろいろ勉強しました。

ひどい事故車にならなくて良かったです。  


Posted by ukyo-san at 17:30Comments(0)車・バイク